シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

ロックフェスティバル開催を経験してみて思うこと。

f:id:lanlankasri:20180618120449j:image

K・Kです。

 

今回、初めてロックフェスを仲間たちと主催してみました。

(前記事を参照してください)

 

その「あとがき」的なことを備忘録として綴ります。

 

◆ロックフェスを開催してみて

 

まず、個人レベルでやるイベントとしては、そこそこな規模だったと思います。

 

そりゃ、プロミュージシャンの参加する「フジロック」とか「サマソニ」などと比べられては困りますがσ(^_^;)

 

あくまでも「個人レベル」で、一切の業者を使わず、仲間たちだけで開催する。

というのが最初からのコンセプトでした。

(今回、皆が払ったのは会場費の1人あたり1,100円のみ!)

 

発起人のリーダーが、コツコツと自腹で買い揃えた機材と、仲間が持ちよった機材だけでやりきりました。

 

仲間たちがいなければ決してこの開催は不可能でした。

本当に感謝!感謝!です^ ^

 

そして、今回の1番の学びは

「決して不可能は無い!」

ということです。

 

実は今回の開催実現まで、実に5年間という時間がかかっています。

5年前のみんなの「やりたいね」の一言から、リーダーが本気で機材を買い集め始めるまで、私も含め、仲間の誰一人としてこの開催実現を予想もしておりませんでした。

 

しかも、リーダーが機材を買い集めている姿をみても、仲間内からは失笑さえも出ていたくらいです。

「本気かよ?」「あんなに機材買っちゃって大丈夫?」「イベント開催なんて業者に頼めばいいじゃん」等々、みんな最初は否定的か他人事のような発言ばかりでした。

 

しかし、流れが変わったのは、会場の予約抽選が当たってからです。

日程と会場が決まり、あれ?本気なんだ!?って。

 

そこからは、全てが一変してみんなが協力的になり、役割担当を決めて一気に動き出しました。

 

やはりリーダーは偉大です‼️

リーダーの情熱が周りを動かします!

リーダーが挫けず諦めずに行動し続けたことで、5年越しに夢が実現したのです。

 

今回の偉大なリーダーです。

f:id:lanlankasri:20180618120353j:image

 

そして、それを支える仲間の存在も大切です。

大変だったし、疲れたし、苦労もいっぱいあったけど、やりきった後の気持ちよさはもう言葉には出来ないほどの喜びしかありません。

 

この写真に全てが現れています。

f:id:lanlankasri:20180618115420j:image

 

皆さんも、「夢」や「やりたいこと」を諦めないでほしい。

「無理だ!」と言って諦めるのは簡単です。

でも、こうやって私たちは、やり切ることが出来ました。

きっと、もっともっと大きな事だって可能だって思えます。

 

本当に心から挑戦してよかった。

 

そして多くの子供たちにもこれを伝えたい!

(私の子供たちも来てくれました^ ^  きっと何かしら感じてくれたと思います)

 

これからも、いろんなことに挑戦していきます‼️

もしよかったら、応援よろしくお願いしますm(_ _)m

(コメントいただけるだけで元気をもらえます^ ^)