シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

沈みゆく船には近づかないこと。

K・Kです。

 

沈みかかった船を助けようとしてはいけない。

心情的にはなんとか助けたい!

けど、自分も巻き添えを食ってしまう可能性が大いにあるんです。

絶対に助けようとしてはいけない。

f:id:lanlankasri:20180521145106p:image

 

経営でもこれは一緒です。

倒産しそうな会社を助けようとしてはいけない。

行き詰まった社長から「助けてほしい!」と言われても、助けてはいけない。

それがどんなに親しい人物だったとしても。

 

ましてや、そのお願いというのが「お金を貸してください」なんて内容だったら、絶対に貸してはいけない。

 

どうしても助けてほしいというのであれば、会社の状況を全て開示して「新たな社長として再生してください」とその座を受け渡せばいい。

それでも、他の人が経営してたボロボロになってしまった会社を立て直すということは並大抵のことではないので、かなり難しいのですが。

 

とにかく、そんな申し入れは断らなければなりません。

そんな時の断り文句は、こう言いましょう。

「ウチもお金に困ってて資金調達に走り回ってるんだ、申し訳ないけどそんな余裕ない」って。

 

そうすれば、相手も嫌な感じしないですし、コイツも大変なんだな!って変な共感すら持ってくれると思いますよ。