シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

アトピー性皮膚炎から受け取ったメッセージ。

K・Kです。

 

私、アトピー性皮膚炎を子供の頃から患っております。

未だに皮膚科に通っていて毎日薬をつけてないと、患部が酷いことになっていきます。

 

私が小さい頃は、治療薬に強ステロイド系の軟膏が当たり前に使われておりました。

使い続けると、副作用で皮膚がドス黒くなり硬化し皮膚が薄くなっていってしまいます。

 

私の場合は途中で強ステロイド系の使用を控えたので、軽度の副作用で済み、周りの人はなんか浅黒くて脂ぎった人って思っているくらいだと思います。

重度の患者さんは胸が痛くなるほど、それが見た目に分かってしまいます。

 

ステロイド系は効果の即効性が高く、アトピーの人なら分かると思いますが、どうしても頼ってしまいたくなるんですよね。

今はさすがに強い薬は無くなっていますが、今でもステロイド系の薬は存在します。

 

でも、ステロイド薬は使えば使うほど、その効き目が薄れてくるんです。

どうしても徐々に使う頻度が多くなってしまうんです。その分、副作用も酷くなっていきます。

弱くなったとはいえ、副作用はあるんです。

 

出来れば使いたくない!って思っていても、辛くて辛くて、苦しくて苦しくて、どうしようもなくなって、最後には使ってしまうんです。

 

私もステロイドをやめるのに大変な苦労をしたし、正確には完全にはやめきれていません。

酷い症状になってしまった時だけ、少量を使うようにしています。

 

「どうか子供だけには遺伝しないで!!」

子供が出来た時に、そう心の中で叫びました。

私にような辛い思いをさせたくなかったんです。

 

私が小学生の頃、自分がアトピーだということを必死で隠していました。

友達に知られたら、絶対に嫌われる!って思ったんです。

 

だから夏でも長袖長ズボンをはいて、どんなに暑くても運動も長袖長ズボンでやっていました。

人前で裸になりたくないので、プールは休みがち。

健康診断の時なんかも仮病を使っていました。

 

フケもたくさん出るので、いつも肩に付いてないか気にしてばかりいました。

首後ろも症状が酷くて、見られたくない一心で首をすくめてばかりいたので、大人になってもそういう姿勢になってしまいました。

 

ある日、1番仲の良かった子に「Kくん病気なの?それって移るんじゃないの?」って突然言われて、大きなショックを受けたことがあります。

 

その日から、その子は私と遊ぶことはありませんでした。

ですが、その子はそのことを他の誰にも話さなかったので、その後私は誰からもイジメられることなく平穏に暮らすことが出来たのです。

その子なりの私に対する配慮だったのかもしれません。

 

そんな辛い思いだけは子供にはさせたくなかったんです。

幸いなことに、上の子にはそういった傾向は見あたりません。

下の娘が少しだけ皮膚が弱いですが、アトピーという診断ではありませんでした。

 

ですが、アトピーというのは、分からないんです。

アトピーという診断ではなかったけれど、絶対にアトピーじゃないとも言い切れないと医者には言われています。

後になって、その症状が出てこないと分からないのです。

 

それにアトピーは大人になってからだって、なることがあるんです。

 

子供の頃にアトピーになってしまった人は、少なからずみんな心に傷を持っています。

何故自分だけが?って。

痒さに耐えられず、何事にも集中が出来なくなります。

周りから変な風に見られていないか、気持ち悪がられていないか、常に不安が付きまといます。

 

時には本当に辛くなって、死にたくなることだってあるんです。

私も何度も何度も思いました。

 

同じようなアトピーの人や子供を見かけると、「頑張れよ!!負けるなよ!!」って思わず心の中で呟いてしまいます。

 

アトピーだけじゃない。

喘息や、障がいを持った子供もたくさんいるでしょう。

その子たちみんなに言いたい。

「頑張れ!!負けるなよ!!」って。

 

世の中は嫌なことも多いけれど、良いことだってたくさんある。

ステキなことがたくさんたくさんある。

だから未来に希望を持って、笑顔で生きていってほしい。

 

まずは自分がそういう大人にならないとね!!

アトピーからの私に対するメッセージだと思って、忘れずに日々楽しく生きていきます!