シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

私の転機Ⅱ

K・Kです。

 

このお題での再投稿。

というのも単なる転機ではなく「働き方での転機」だったらしく、そうだったのね(汗)ってことで再投稿。

 

私の「働き方」というのは、やはり一般的ではないと思われます。

どこが普通と違うのか。

 

・就労時間の概念

・就労場所の概念

・休日の概念

・組織の概念

・役割の概念

・報酬の概念

 

こういったものが全て曖昧かもしくは無いのです。

 

就労時間は、その日のタスクが終われば終了。

でも良いのですが、タスクではない未来の為の学びや情報収集など、気が向けば昼夜を問わずやってますので、これも就労時間といえばそう言えるかもしれません。

 

就労場所に関しても、決まった場所での打ち合わせや会合、顔を合わせなければ不可能な契約だったりなど以外は、基本どこで仕事しても良いわけで、それこそその日の気分で場所を決めて仕事をさせてもらっています。

 

休みなんて決まっていません。

空いてる時に、好きに取ります。

ちょうど明日から火曜日まで、うどんを食べに(友人に会いにw)香川県まで行く予定です。

 

所属会社なんて聞かれても、どこの会社を答えれば良いかが分かりません。

名刺が20種類以上もあって、それぞれに所属しているので、私には組織なんて切り分けしなくて良いという考えがあります。

言うなれば、「株式会社自分!」で良いと。

 

ですので、当然役割とかどうでも良くて、もちろん得意分野があるのでその領域内ですが、「それは私の仕事ではない」などという考えは皆無です。

全て自分に回って来た仕事は全力でやり切る!。

 

報酬も最低限の生活が出来るだけの報酬がいただければそれで良いと思っています。

基本、着るものやモノに執着がなく、なんでも良い。(時計すら身に付けてない)

食べ物も、栄養価さえきちんと取れて不味くなければなんでも良い。

お酒もタバコもやらない、夜の盛り場なんて付き合い以外で行くことは無い。

車も人が移動できればなんでも良い。

 

とにかく欲しい物が何もないんです。

でも欲はガッツリあります!

世の中をもっと良くしたいんです。

その為に必要なモノやコトは全部手に入れたい‼️

 

とまぁ、長々書きましたが、一般人とは大分違う価値観と実際の働き方なんですが、最初からそうだったわけではありません。

それこそが私の転機であるキッカケなんです。

 

私が起業したのは25歳です。

その当時はいっぱいお金稼いで、良い車乗って、豪邸建てて、豪遊して…そんなくだらないことを人並みに目指して働いていました。

 

それから、しばらくはそういう考えで働いていました。

しかし起業から7年後、初めての女の子を嫁が身籠もります。

正直、自分に子供が出来ることに実感が持てなくて、生まれてからもなんだか他人事のようで、仕事を理由に子育ては全て嫁任せ…ホント最低の父親でした。

 

しかし、子供が2歳になったある日…。

たまの休みに気まぐれに娘と遊んでいた時…。

突然!本当に突然、イナズマに撃たれたように

『可愛い❣️』

『なんて可愛いんだ💕まるで天使ではないか⁉️』

本当に大袈裟でも嘘でもなく、突然そういう感情がドバドバって入ってきて…。

 

今まで俺は何を見てきたんだろう、と。

俺はこの子を幸せにする為に生きてる!っ思えたんです。

世の中の景色が一変しました。

自分の価値観がガラガラと音を立てて崩れて行く。

 

この子を幸せにする為にはどうしたら良いのか。

初めての思考に戸惑い、しばらくは答えが見つかりませんでしたが、1日たりともこの問いが頭を離れることはありませんでした。

 

ふとニュースを見ていると、世の中は暗いニュースばかり。

殺人やテロや戦争が世界中で起こっている。

日本は長い不景気から抜け出せずに混沌としており、明るい未来が見えて来ない。

 

私は元来、猛烈なネガティブ思考の持ち主です。

すぐに、この子の悲惨な未来を想像してしまいました。

そうか!この子がいくら裕福になったところで、社会全体がより良くならなければ、この子に災いが必ず降りかかってしまう。

この子を幸せにする為には、まず社会を変える必要がある!!

そう気付いてしまったのです。

 

そして幸いなことに私は起業家です。

政治では世の中は変えられない!いつの時代もビジネスが世の中を変えてきたんだ!

よし!私がやってやる!!!!

 

その時の決意は今でも私の心に刻み込まれています。

これが私の大きな転機になりました。

 

既存の働き方なぞクソ喰らえです。

常識に捉われず、より効率的に、より臨機応変に、時代にマッチした働き方をしよう!と。

そうして全ての既存の概念を断ち切ることが出来るようになりました。

 

こうして、私は今の働き方になっておりますが、実はまだまだ進化途中。

もっともっとより良い社会創る為のベストな働き方があるはずです。

 

そして今は自分の子供たちだけではなく、全ての子供達が幸せになる為の社会創りを目指して、自分の持てる全てをそれに注いでおります。

 

その実現は私が生きている間には不可能かもしれません。

ですが、その種を撒くことは誰でも出来るのです。

それこそが未来への希望となることを心から願っております。

 

ということで、私の「働き方の転機」となったものは娘の存在とその可愛さに胸打たれた瞬間、というお話でした〜( ◠‿◠ )