シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

経営はAIに任せる。

K・Kです。

 

前回の続きです。

 

経営は人間的感情が無いほうがうまくいく。

本気でそう思います。

 

誤解がないように、先に行っておかなければならないのですが、「事業」と「経営」を分けて考える必要があると言いたいのです。

 

事業というのは人が作らなければいけません。

人が使う商品・サービスを作るわけですから、それを使う人の気持ちや心理を理解していなければ、良いものは作れません。

(「マーケティング」がまた別の概念で必要なのですが、そちらは長くなるので割愛します)

 

しかし、経営は違います。

経営は数字です。全てが数値化され、その数字によって正しい対応が決まります。

むしろ人間の感情は邪魔にしかなりません。

 

ですのでこの経営を人間ではなく人工知能が行った方が、絶対に上手くいくと思うのです。

数字は嘘をつきませんが、人間は嘘をつきます。

無意識な感情で優先順位をつけてしまいます。

自分の苦手なことや嫌いなことを避けるように人間の脳はプログラミングされているからです。

 

優秀な経営者の方達は、これができるのです。

経営難に陥った企業をたくさん救っている経営者が、まずやることはなんだと思いますか?

 

無駄な人員の整理です。

リストラです。

1番のコストカットで、即利益になるからです。

人間的な感情で考えると、リストラ対象者が可哀想じゃないですか?

でも企業を再生する為には1番効果的な施策です。

 

 要するに、私情を持たなければ良いという話なのですが、人間ってなかなかそう上手く出来てないんです。

私はむしろ良い事だと思っており、経営とかそういうのは優秀な人工知能にやってもらって、我々はより人間的に泥臭く、感情的に生きていって良い気がします。

 

 

経営者AI、開発してみたいです。

京セラ、KDDIJALでその手腕を発揮した稲盛さんや、HIS、ハウステンボスで有名な澤田さんなどをモデリングした経営者AIなんてできたら、日本企業も業績上がりまくるかもしれませんね(笑)

f:id:lanlankasri:20180501185930p:plain