シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

ブログの在り方を改めたい。

K・Kです。

 

ブログ書くのが最近メンドクサクなってます。

何とか書くことを絞り出してる感じで、書きたいことを書いていない。

そんな気がしています。

 

私は最近ブログを始めたのですが、その「目的」はこの3つでした。

・自社の利益に繋がる

・自分自身の日記として

スリランカをより多くの人に知って欲しい

 

しかし、色々と調べてみると他にもスリランカのことを書いているブログがたくさんあって、しかも私が書くよりも全然濃い情報を発信しています。

特にここの情報は凄い!

srilankalife.net

 

で、思ったんです。

「私じゃなくていい」って。

スリランカの情報を発信するのは私じゃなくていい、というか私じゃない方がいい。

より上手に情報を提供できる人達がいるので、そちらに任せる。

 

私は、常にスリランカにいるわけでは無いので、ずっとスリランカにいる人達の方が情報濃いのは当たり前ですし、常に新鮮ですよね。

 

じゃあ、私がブログする意味ってあまり無いよね?って考えていたのですが、「私にしかできない情報発信」があるのでは?とふと思いまして・・・・。

 

私の考え方の根底にあるのは『シェア』。

大昔の人たちって、皆協力しあって生きていたんですよね。

そうしないと生き残れなかったから。

そして「人間社会」も相互協力で生き残る為の手段ですよね?

それって『シェア』の精神が無いと成り立たないはず。

 

だけど、月日が流れ社会の中にいつしか利権が生まれ、権力と利益の奪い合いが始まりました。

今でも世界中で、資源や権力の奪い合いで戦争が起こっています。

我々は日々、他業種や他企業などとの競争にさらされ、会社内では成績を上げるため、同僚ライバルに負けないよう、そして友人知人の間でさえ見栄の張り合いと、日々「何か」と、「誰か」と比較してばかり、そして競争・競争・競争・競争。

会社は、売上・利益主義になり、マーケティングと経費削減に一生懸命。

 

常に「見栄の張り合い」「競争」「奪い合い」。

これって、最初に社会を創った人達が望んでいた思想とは全く逆の結果ではないのでしょうか?

人間は身体能力が他の動物に比べて極端に弱く、鋭い牙や爪といった武器も持っていないので頭を使って道具を使ったり、集団で相互協力することでしか生き残ることが出来なかったんです。

そうして出来たのが「社会」。

ルールを作り、遵守ことで、外敵や危険から自分や家族を守ってくれる。

そして相互協力することで、この社会をより暮らしやすいものにしていこうと、そうやって先人たちは考えていたはず。

 

そして「相互協力」=「シェア」って私は思うのです。

物や情報などのシェアだけではなく、今後は「心」「気持ち」のシェアが必要ですよね。

相手を尊重し、敬い、相互協力の元、人類以外も含めた本当の「社会」を創ることこそが今こそ必要なんだと真剣に思うのです。

 

こんな競争社会になってしまった今だからこそ、初心に立ち返って『シェア』による「より良い社会創り」に貢献したい。

そういう考えを持っている、同じような仲間を探したい。

その為のブログを書きたい!!

 

近々、タイトルも変更しようと考えています。

記事内容は、ちょっと思想的なものが多くなるかもしれませんが、それらも踏まえた日々の行動を発信していければと思います。

共感できる人や仲間を増やしたい。

そういう目的のブログにします。