シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

ビジネス・プロデューサーとしてのお仕事

K・Kです。

 

私は、これまで大勢の独立・起業を手伝って来たのですが、以前横浜で肉バル店の開業を手伝ったHさんから、また相談があると連絡がありました。

店舗看板のデザインやチラシデザイン、事業計画から資金調達までお手伝いして、その後も数字や会計などのアドバイスをしておりました。

f:id:lanlankasri:20180413123331p:plainf:id:lanlankasri:20180413123306p:plain

店も良い雰囲気で、お肉もメチャクチャ美味しいです!!

 

お店の経営もだいぶ順調だと聞いていたので、もしかして他の地区に新たな店舗を出店する計画でもあるのかと楽しみにして彼とお会いしたのですが・・・・。

 

Hさん:「K・K先生、私はもうお店をたたむしかありません・・・・」

 

え!?期待していた言葉と真逆だった為、かなりびっくりしてしまいました。

「何があったのですか!?」

 

話はこういうことです。

 

お店は凄く順調に回っており利益率も高く取れており、何の問題も無い。

しかし、知人に会社のお金を貸してしまい、そのお金が帰ってこない。

というか既に相手は返せない状況になっているので、今度は自分のお店の資金繰りが立ち行かなくなり、バイト代や仕入れなどの経費が支払えなくなってしまったというのです。

 

おーい!

何してんの!?

 

実は以前にも同じことをこの社長はやらかしており、その時私に散々叱られているんですね。

それにも関わらず、また同じことを・・・・。

しかも前回は、何とか無理やり期限ギリギリで返済してもらったので難を逃れることが出来たのですが、今回は絶体絶命らしいのです。

 

最初彼は、私にお金を貸してほしいと言って来たのです。

0.5秒で「NO!!」と答えました。

そして、あなたは経営者失格なので、今すぐに会社をたたんでゼロから出直しなさい。

このように言い放ちました。

 

独立・起業した経営者にありがちなことですが、

『会社と自分のお金の区別がつかなくなってしまう』

のです。

これ、絶対ダメです。

会社は自分とは別の人格(法人格)ですので、会社のお金は貴方のお金ではありません!ですので自由にはならないのです。

そして、それが理解できない人は経営者をやってはいけません。

 

Hさんは、それが理解できなかった。

過去に学びの機会(同じことで失敗している)があったのにも関わらず・・・・。

非常に残念です。

 

ですので、こうアドバイスを続けました。

「このお店を売却しましょう」

そして、売却した会社の店長としてHさん働きましょう。

 

ということで、海外でレストランを営む私の知人に話をしてみると、興味を持っていただき近々で視察することが決まりました。

経営的には売上利益ともかなり良い数字になっているので、よほどじゃない限り売れると思います。

心機一転『店長』としてHさんには一から学び直してもらい、再び独立・起業するときには、またお手伝いさせていただきたく、心から応援しています!というお話でした。

 

私的には、本当に美味しいお肉料理がこの世から無くならなくてすむことを、心から喜びたい(笑)