シェアリングワールドを目指す経営者ブログ

奪い合い、競争、比較といった愚かな生き方から、分かち合い、協力、共有という「シェア」な生き方にシフトした経営者ブログ

スリランカで成功するビジネスⅡ

K・Kです。

 

スリランカでこれからやるにはどんなビジネスが良いか?

私だったら1番は『飲食店』と答えましたが、他にもこれは良さそうだなというビジネスを私個人的意見(責任取れませんので^^;)になってしまいますが、いくつかあげていこうと思います。

 

当社も事業として行っていますが『日本語学校』はおススメしたいビジネスです。

 

スリランカの人々が働く環境というのは、それぞれの層や地域によっても様々なのですが、おおよそ都市部の大学出のサラリーマンでも日本円だと月30,000~50,000円ほど、これが地方のワーカーになってしまうともっともっと安くなってしまうのです。

 

※{当社の茶畑のワーカーさん(茶を摘むタミル人)は1日500円ほどで働いておりますが、この茶畑ワーカーの報酬は会社単体では決められないルールがあって、むやみ勝手に上げられないというのが現状です。

なので、当社では「現物支給」として給料以外に食料を配ったり、家の修繕を無料でやってあげたりしています。}

 

ですので、海外へ出て行く若い働き手もたくさんいます。

多くは、ヨーロッパや中東(ドバイなど)へ行くのですが、最近では成長著しい東南アジアへの出稼ぎも増えてきているそうです。

さて、日本へはどうか?

実は日本へも結構たくさんスリランカから来ているのですが、一般にはあまり知られていないです。

 

日本へ来る理由の一番は「中古車の買付け」です。

スリランカに行くと分かるのですが、乗用車のほぼ90%は日本車です。

実は日本から海外への中古車輸出額年間ランキング世界一がスリランカなのです。

そして、仏教の交流も実は盛んに行われていて、スリランカのお坊さんもたくさん日本に来ています。

 

全体的に日本に対して良いイメージを持っている人が多く、また日本に行ってみたいと思っている若い人たちもたくさんいます。

特にスリランカのVIP(お偉いさん)達が、自分の子供を日本に留学させたいと強く思っています。(これは本当によく頼まれます!そういう子供に限って勉強が出来ず日本語検定5級すら受からないのですが・・・・)

 

講師は英語が分かる日本人が一人いれば十分です。

もしくは日本語が話せるスリランカ人。

 

日本語学校は、スリランカ側と日本側の両方から報酬をもらえるビジネスモデルとなっています。

スリランカ側では、受講料として月額をいただきます。

人数にもよりますが、20名くらい募集出来れば、この売上だけでスリランカ側の運営費用は十分こと足りるでしょう。

そして、その学生を日本へ留学させるのですが、その留学先である日本の学校から紹介フィーをいただきます。

 

留学先としては圧倒的に東京が人気ですが、紹介フィーが東京は田舎より若干安いのが現状です。

東京が人気の理由は、日本滞在中の生活費を稼ぐ為の仕事がたくさんあるからです。(日本への留学を希望するほとんどの学生が、日本語を学びに来るというよりも、バイトで稼ぎに来る感覚の方が強いです)

 

それから、日本での住まいやバイト先などを手配することで、より利益を上げる方法もあるので、なんだかんだでそこそこ儲かります。

 

スリランカ側での生徒募集は新聞に広告を載せたり、スリランカのハイスクールなどに声をかければすぐに集まります。

先ほども書きましたが、当社は仕事の関係上国会議員などのVIPから「なんとか子供を頼む」と声がかかりますが、やんわりと断るか笑ってごまかして”はぐらかす”ことが多いです(笑)

以前、それで受け入れてしまって大変な目にあった経験があるので・・・・。

 

このビジネスで注意が必要なのは、いざ日本へ留学が決まってもビザがおりないということが多々あります。

理由は様々ですが、その多くは学歴詐称だったり、銀行口座の預金証明で疑わしい(その時だけどっかから借りて来て証明を取ったりするんです)などのくだらない小細工をして子供を留学させようとするバカ親が結構いるんです。

 

そんなバカ親ほど、ビザがおりない理由をこちらのセイにして文句を言って来たりします。入学前に、そういうことがあると一番の被害者は学びに来る子供達だとちゃんと説明しているにも関わらず・・・。

 

慎重に調査することと、そういったことをしないという誓約書を書かせれば、それも防げますので大丈夫なのですが。

 

とまぁ、長くなってしまいましたが、スリランカでのおススメビジネスの2番目は『日本語学校』なのでした。

f:id:lanlankasri:20180407004659p:plain